ロングジョン スペシャルリザーブ

ブレンデッド
「ノッポのジョン」が造った当時のオリジナル「ロングジョン」は
どんな味だったのかなぁ・・・?
スポンサーリンク

スペック

名前ロングジョン スペシャルリザーブ
分類スコッチウイスキー
タイプブレンデッド
キーモルトトーモア
アルコール度数40度
容量700ml
購入時価格1,078円(税込)
¥1,198 (2023/01/26 04:43時点 | Amazon調べ)

レビュー

甘くてスモーキーなお手頃ウイスキー

ロングジョンの生みの親、ジョン・マクドナルドは、ハイランド地方西スコットランド王国の領主マクドナルド家に生まれました。
マクドナルド家と言えば、アメリカのファストフードチェーン「マクドナルド」の創業者のロナルド・マクドナルドなどが有名です。
ジョンは1825年、ベン・ネヴィス蒸溜所を創業し、ウイスキー作りを始めます。

ジョンは「ノッポのジョン(ロング・ジョン)」と呼ばれるほどの身長193cmの高さ。
「ロングジョン」は、この愛称から付けられたそうです。
ジョンの死後は息子のドナルド・マクドナルドに所有権が移りました。

「ロングジョン」ブランドは幾度も企業に買収されています。
1927年にシーガー・エヴァンズ社が「ロング・ジョン」のブランド名を取得。
ですが、1975年に同社はウィットブレッド社の傘下に入ることになりました。
その後、シーガー・エヴァンズ社は 1988 年に、最も定評のあるブランドにちなんでロング ジョン インターナショナル社と社名を変更。
2005年からはペルノ・リカール社が所有しています。

「ロングジョン」ブランドを取得したウィットブレッド社は、1981年にベン・ネヴィス蒸溜所も取得します。
1980年前後から生産を停止していたところ、1984年に生産を再開したり、1986年にまた生産を停止するなど安定的な生産ができない時期が続きました。
1989年に日本のニッカウヰスキーが蒸留所を取得しました。
現在はニッカウヰスキーがアサヒグループホールディングス株式会社の子会社になったことから、ベン・ネヴィス蒸溜所の現在の所有者はアサヒグループホールディングス株式会社になっています。

1958年、それまでベン・ネヴィス蒸溜所でロングジョンは製造されていましたが、ハイランド地方にトーモア蒸溜所が建設された以降、トーモア蒸留所で製造されています。
そしてトーモアは「ロングジョン」のキーモルトとなりました。
スペイサイドのトーモアを中心にモルトとグレーン原酒をバランス良くブレンドされ、ブレンドにはラフロイグやハイランドパークを含む48種類のモルトが含まれています。
これらが「ロングジョン」に特徴的な味を作り出しています。

スポンサーリンク

テイスティング

香り

芳香剤のようなフローラル感と、青竹のような臭いがします。
そしてクッキーのような香ばしくて甘い香り。
あと、シナモンのような匂いと、ちょっぴりピートが香ってますね。
透き通った感じの黄色みがかったとても綺麗な色です。

ストレート

とても甘口な印象です。
適度に辛味や渋みもあって、程よいアルコール刺激、そして後味にちょっぴりスモーキーさがあります。
ふわりと軽やかな飲み口で、すっきりと飲めますよ。
そう思って何口か飲んでいたら、ちょっと喉がカ〜ッとしてきました。
アルコールの刺激感が喉の方にきた感じがします。

加水

まず少しだけ水を加えていきます。
甘味と辛味以外はかなり引っ込んだんじゃないですか。
後味には、ちょっとだけスモーキーさがあります。
ストレートの時のような喉がカ〜ッとする感じはあまりありません。

トワイスアップにしてみます
甘味と辛味もだいぶ引っ込んで、スモーキーさが残りました。
このトワイスアップだとスモーキーなウイスキーって言う印象になりますね。

オンザロック

渋いですね。
甘さ控えめで苦味が強くなりました。
そしてウッディです。
後味は甘味と燻味ですかね。
ストレートの時は軽やかな印象があったんですけど、このオンザロックだとコクのあるウイスキーという感じになりました。

水割り

トワイスアップの時と同じでスモーキーさが感じられます。
良い意味で炭を感じます。
ウッディでスモーキーで、ちょっぴり甘くて飲みやすいですね。
塩味も少し感じられます。

ハイボール

甘いですね!
そしてスモーキーです。
お手頃価格の甘口でスモーキーなハイボールとしてお勧めですね。
スモーキー以外の感覚としてはフルーティー。
ピーティーというのとはちょっと違うスモーキーさではあります。
ハイボールとしてはかなり美味しいと思いますよ。

総評

飲み方によっていろんな顔を見せてくれるウィスキーだと思いました。
お勧めはハイボールですね。
1000円前後で買えるウイスキーで、これだけの味わいだったらコスパ抜群なハイボールなんじゃないですか。
もちろん他の飲み方でも、不味いということはありません。
今までこのウイスキーを飲んだことないという方には、一度飲んでいただきたいですね。
1000円前後で甘口かつスモーキーなハイボールを飲みたい方にはおすすめのウイスキーです。

チャートと点数

総合点

71点 / 100点

コスパ
4.0
¥1,198 (2023/01/26 04:43時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました