ハイランドクイーン シェリーカスクフィニッシュ

ブレンデッド
女王メアリーは最期は幽閉されたのちに処刑されてしまったんだって;;
スポンサーリンク

スペック

名前ハイランドクイーン シェリーカスクフィニッシュ
分類スコッチウイスキー
タイプブレンデッド
製造元ハイランド・クイーン・スコッチ・ウィスキー社
熟成樽シェリー樽
アルコール度数40度
容量700ml
購入時価格1,150円(税込)
¥1,299 (2023/01/22 20:29時点 | Amazon調べ)

レビュー

シェリー系の特徴「甘味とゴムっぽさ」がハッキリ出ている

「ハイランド・クイーン」の名前は、1561年にフランスから帰国したスコットランド女王メアリーが由来で、メアリーが跳ね馬に乗っている姿が不変のデザインモチーフとなっています。
スコットランドとそのウィスキーが持つ永続的で高貴な価値観、歴史、独立精神を、女王メアリーに重ねられます。

1893年にウイスキー企業家ロデリック・マクドナルドとアレクサンダー・ミューアが提携し、港町のリースにマクドナルド&ミューア社を設立しました。
それから10年の内に、ロデリック・マクドナルドはブレンドを開発し、生産できる段階にまでになります。
ブレンド用のモルトを確保するために、1918年グレンモーレンジィ蒸留所の株式を、1923年にはグレンマレイ蒸留所を取得しました。

1924年から5年間、大英帝国博覧会で販売される数少ないブレンデッド・スコッチ・ウィスキーのひとつに選ばれ、アメリカでは禁酒法発令中にもかかわらず人気を博しました。
第二次世界大戦後のブレンデッド・スコッチ市場の激しい競争に直面した時も、マクドナルド&ミューア社は業界の大手が見落としがちなフィンランドやベネズエラなどの市場を開拓。
ロデリック・マクドナルドは世界の行く先々で注文を取り、1970年代末までに「ハイランド・クイーン」は世界各国で販売され、その名を知られるようになりました。
1976年には、パッケージ、プレゼンテーション、ラベルデザインを一新してブランドを再スタートさせました。

しかし、20世紀末になると、会社がシングルモルトに注力したことで、市場での「ハイランド・クイーン」の存在感は徐々に低下していきます。
2004年にマクドナルド&ミューア社の残りの資産とともにモエ・ヘネシー社に譲渡。
ピーク時には世界の95%以上の国で90万ケース販売されていた「ハイランド・クイーン」が、2008年には2万ケース以下になってしまいました。

2008年、ボルドーのファミリー企業であるピカール・ヴァン&スピリチュード社に所有権が移った後、ハイランド地方のタリバーディン蒸留所にハイランド・クイーン・スコッチ・ウィスキー社が設立され、新しくなった「ハイランド・クイーン」の製造を開始、再パッケージ化、再デザイン、拡張をおこないました。
このことからも、タリバーディンのシングルモルトがハイランドクイーンに使われているキーモルトの一部であることは間違いありません。

スポンサーリンク

テイスティング

香り

ボンドみたいな臭いとレーズンの香りですね。
アルコールの刺激感もそこそこあります。
しばらく匂いを嗅いでると蜂蜜のような甘い香りがしてきます。

ストレート

アルコールの刺激と一緒にゴムの味。
シェリー樽熟成のブレンデッドウイスキーで、ゴムの味がするという評価を聞いたことあるんだけど、自分でそう感じたのは初めてかな。
ふたくち、みくち飲んでいるとこのゴムっぽさがそんなにまずいと感じなくなってきます。
ちょっとだけブルーベリーみたいなイチゴみたいで違う、木苺やラズベリー…ベリー感?そっち系の味がちょっとしてきますね。
余韻が残ります。

加水

ちょっと水入れてみますね。
これだとシェリー系の甘さがしっかり出てきて、さっき言ってたゴムみたいな感じとかアルコールの刺激は薄まります。
しっかりとコクがある感じですね。

オンザロック

少し塩気を感じます。
甘辛いとか甘じょっぱいとか、そんな味わいです。
でもやっぱ一番は甘味で、フルーティな感じもします。
なかなか美味しいです。
このまま飲んでいたい感じなんですけど水割りにしちゃいます。

水割り

まろやかでおいしいです刺激がほとんどなくてこれだと本当に甘さが強いね。
薄まって甘いだけ。
ロックで飲んだ時のフルーティーさが欲しいかなって感じですね。

ハイボール

甘くてフルーティーな感じが際立ってきます。
美味しいですね、飲みやすいです、とっても。
でもストレートで飲んだ時のゴムっぽい感じっていうのは消えてはいないんですよ。
それはストレートで飲んで感じたからわかることであって、いきなりハイホールで飲んだらあまり感じないだろうなぁ。

総評

いきなりストレートで飲まない方がいいかもしれないですね。
順序としてはまずロックで飲んでみる、次にハイボールで飲んでみる、そしてちょっとストレートを試してみるっていうのがいいのかな。
オンザロックやハイボールはずっと飲み続けていける味わいなんですよ。
この値段でこんなシェリー 樽熟成のウイスキーが飲めるっていうのは衝撃ですね。

チャートと点数

総合点

67点 / 100点

コスパ
4.0
¥1,299 (2023/01/22 20:29時点 | Amazon調べ)

他の人の感想

ハイランドクイーン シェリーカスクフィニッシュとは知らせずに飲んでもらった感想です!

アルコール感が強く黒糖のような甘さ。ハイボールにしてもうーん、ゴムみたいな^^; 60点

タイトルとURLをコピーしました