J&B レア

ブレンデッド

かなり昔から日本で出回っていたウイスキーの一つです
今では1,000円台の酒なんだけど、酒税法改正前にはかなり高級なお酒の位置付けにありました

スポンサーリンク

スペック

名前J&B レア
分類スコッチウイスキー
タイプブレンデッド
製造元ジャステリーニ&ブルックス
キーモルトノッカンドゥ、オスロスク、ストラスミル、グレンスペイ
アルコール度数40度
容量700ml
購入時価格1,628円(税込)
¥1,801 (2023/01/20 05:20時点 | Amazon調べ)

レビュー

口当たりが軽やかなのに味わい深い

J&B の特徴は口当たりが軽やか。
若干フルーティな感じでずっと飲めて、けれどもアッサリして物足りないとかじゃなく、しっかりとした味わいがあります。

ジョニ赤とかホワイトホースに比べると、『これぞウイスキー!』感が薄いというか・・・。
アルコール度数は40度あるので、例えば眞露とかいいちこなどの焼酎を飲んでいる人にもリーズナブルに飲めますよ。
焼酎やウォッカはいいけど、ウイスキーは苦手という人にも飲みやすいのではないでしょうか。

「スコッチウイスキーをアメリカで売ろう」と作られたものなので、アメリカ人の好みに合わせたらこんな風になったんでしょうね。

もう一つの特徴的なものとしてはあの薄い色です。
熟成されてないからというわけではなく、着色されていないのです。
スコッチウイスキーには着色されているものが多い中、色の薄さから味が物足りないんじゃないかという印象を持っちゃうかもしれませんね。
でも実際飲んでみるとしっかりした味が楽しめます!

ハイボールでもロックでもストレートでも、他のもので割っても美味しいです。
コーラでもジンジャエールでも、その他何で割っても味を損なわず負けません!
ただドクターペッパーだけは多分勝てない!
ドクターペッパーに勝てるのは アードベッグぐらいのもんだと思います・・・どうでもいい話ですけど(笑)

スポンサーリンク

テイスティング

香り

塗りたてのペンキのような刺激とフルーティーな甘さが一緒に来ます。

ストレート

刺激はそこそこあるけど口当たりが良く、フルーティーさに加えてビターチョコレートみたいな渋みのある甘さで、 ストレートでもどんどん飲めちゃう感じですね。

加水

水を加えても味がぼやけずストレートと同じに飲めて、しかも少しまろやかな感じです。

オンザロック

刺激が強くなっちゃいました・・・。
甘さもあるけど、アルコール感が強くて・・・これに近い味の焼酎があったような気がしますねぇ。

水割り

オンザロックからちょっと引っ張ってきちゃってるんですけど、焼酎の水割りって言って出されたら信じちゃうかもしれないですね。
焼酎だとしたら結構甘い部類ですけど、これはウイスキーなので微妙な感じがします。

ハイボール

フルーティーな感じなんだけど甘さよりも辛さとか渋みが強い。
結構おいしいです、これは。

総評

どちらかと言うとライトで、良くも悪くもずっしりとした感じはしません。
ウイスキー感がちょっと弱いかもしれないんですね。
焼酎が好きでウイスキーも飲んでみようかなという人にお勧めの銘柄です。

チャートと点数

総合点

65点 / 100点

コスパ
3.5
¥1,801 (2023/01/20 05:20時点 | Amazon調べ)

他の人の感想

J&B レアとは知らせずに飲んでもらった感想です!

ちょっと辛くて、ハイボールにすると塩っぽい、でも飲みやすい
でも70点!

とても飲みやすい、クセが少なくハイボールにすると美味しいです。90点!!

ストレートだと少し辛味を感じました。ハイボールにしたら味が薄くなったかな?てことで70点!

タイトルとURLをコピーしました