アイリーク

シングルモルト
また出た「謎のウイスキー」!
スポンサーリンク

スペック

名前アイリーク
分類スコッチウイスキー
タイプシングルモルト
地域アイラ
製造元非公開
ボトラーザ・ハイランズ&アイランズスコッチカンパニー
アルコール度数40度
容量700ml
購入時価格2,838円(税込)
¥3,795 (2023/01/20 14:48時点 | Amazon調べ)

レビュー

限りなくラフロイグ・・・?

1992年4月1日、モリソン・ボウモア・ディスティラーズを去ったブライアン・クルックが、妻のキャロルとザ ヴィンテージ モルト ウイスキー カンパニーを設立。
「フィンラガン」や「グレンアーモンド」などの新しいブランドとの事業を開始し、わずか9年間で、500万ポンド以上のモルト ウイスキーを15カ国に輸出するまでになりました。

1997年に発売された「アイリーク」はピート アイラ シングルモルトウイスキーです。
ザ ヴィンテージ モルト ウイスキー カンパニー所有で、蒸留所名は非公開にしています。 
姉妹会社であるザ・ハイランド&アイランズ スコッチウイスキーカンパニー社が、非公開の蒸留所から買い取った原酒を、アルコール度数40%とカスクストレングス(アルコール度数58%)を瓶詰しています。

この「謎のウイスキー」はアイラ島にある8つの蒸留所の1つから仕入れたもので、シェリー樽とバーボンの樽で成熟したノンエイジモルトです。
蒸留所が非公開の理由には所有権の問題があると言われます。
また別の説では、「ラフロイグ」「ラガヴーリン」ではないか?「カリラ」ではないか?と噂されることで「謎のウイスキー」というブランディング戦略かとも言われています。
その他にも諸説あるようですね。

「アイリーク」はゲール語で「イーラッハ」、意味は「アイラ島の真の男」と言われています。

スポンサーリンク

テイスティング

香り

まずピートが香ってきます。
正露丸というよりもイソジンのような感じ。
その後からうっすらとコールタールのような臭いがしますね。
ウッディーな感じは樽の香りでしょうか。
そして濃厚な蜂蜜というか、カラメルのような香りがします。

ストレート

いきなりスモーキー!炭っぽい。
香りの時には「イソジンのよう」って言ったんだけど、飲んでみるとやっぱ正露丸なのかな。
アルコールの刺激は強いです。
辛味や苦味も強めに出てますね。
甘味は、かなり控えめな感じです。
一言でいうとスモーキーで辛口という味わい。

加水

こっちの方がイソジンに近くなるかな。
ストレートよりこっちの方がスモーキーに感じるかな。
ピート感が強まった感じです。

トワイスアップぐらいにすると一層それが強調され、辛味や苦味は弱くなります。
アルコール刺激も弱くなり、甘味が出てきたような気がしますね。

オンザロック

意外性でちょっとまろやかになりました。
甘味もしっかりと感じられて辛味、苦味も適度にあるし、ピート感も程よくありますね。
とってもコクがあって落ち着いた味わいです。
「上品なアイラモルト」といった感じでしょうか。

水割り

オンザロックでピリピリ感はさほど感じられなかったのが、さらに弱くなりました。
苦味はちょっと強くなってきてます。
今まであまり感じなかった塩気が少し感じられます。
逆に甘味は引っ込みました。
水で割っても味の輪郭はぼやけてないです。
甘さ超控えめなビターチョコレートといった味わいでしょうか。
とても飲みやすいので、これならウイスキーが苦手な方にもお勧めできるかなと思います。

ハイボール

スモーキーさやアルコールの刺激は残っているけど、甘味と酸味が一気に出てきました。
 フルーティー&スモーキーという感じですかね。
甘味、酸味、燻味、そしてチョッピリ苦み
フルーティーでスモーキーでコクのあるハイボールです。

総評

ウイスキーを飲み慣れた方にはとてもお勧めしやすいアイラモルトだと思います。
逆にウイスキーに慣れてない人にどうなのかっていうのはちょっと分からないんだけど、飲み方次第でしょうね。
水割りやハイボールならそこそこ飲みやすいとは思います。
とても上品なアイラモルトウイスキーだと思うんですね。
元ネタがなんなのかっていうのは分からないんですけど、確かにラフロイグが近い線だと思います。
いずれにしてもこれが2,000円台で買えるっていうのは、とってもお手頃ではありますね。フィンラガンオリジナルピーティーに比べると若干高めなので、「どっちを買うかなぁ」っていうと・・・僕の好みからすると間違いなくフィンラガンに行ってしまいますね!
何しろフィンラガンは税込価格で500円ぐらい安くなるんですよ。
味に関しても僕はフィンラガンの方が好きです。
好みで分かれるところですけど、コスパっていう点ではフィンラガンオリジナルピーティーとかフィンラガンオールドリザーブよりもちょっと落ちますね。
ただ、いずれにしても2,000円台で買える「アイラモルト」って考えるとコスパは悪くはないと思います。

チャートと点数

総合点

71点 / 100点

コスパ
3.0
¥3,795 (2023/01/20 14:48時点 | Amazon調べ)

他の人の感想

アイリークとはとは知らせずに飲んでもらった感想です!

強い正露丸、濃い味わいが広がって美味しい。85点

ストレート、刺激臭が強く味は、辛口です。
オンザロック、辛さが少しやわらぎ、飲みやすくなりました。
ハイボール、炭酸の刺激とウィスキーの辛味の刺激が交わって一番美味しく飲めます。85点

ピーティでスモーキー、アルコール感と味の余韻はそこまで。
いい意味で口当たりが軽くて飲みやすい。ズバリ、アイリーク!82点

タイトルとURLをコピーしました